ホーム > 常磐街マルシェのお知らせ > 常磐街マルシェ出店時のディスプレイの工夫

常磐街マルシェ出店時のディスプレイの工夫

こんにちは!常磐街マルシェです!今回の常磐街マルシェお役立ち情報は、マルシェ出店時のディスプレイの工夫です。

マルシェ初心者さんからの質問で多かったのが、マルシェ台の上にどうやってディスプレイしたらいいのか??というご質問です。

せっかくいい商品をたくさん作っても、マルシェ台の上に平たく置いているだけでは全然目立ちませんし、足を止めてもくれません。

特に、商店街という環境では、目的地までの「通路」や「道路」という認識も強いので、自転車や徒歩でもすーーーーーっと、素通りされてしまうことが多いのです!

そこで、ディスプレイを目立たせることで、お客様の目を引くにはどうしたらいいでしょうか?

こちらのディスプレイは、つまみ細工の「はな華工房」さんのお店!





棚や花瓶などの什器を使って高さを出し、目立つようにしていますね。つまみ細工の商品に合うような色合いの什器も素敵です。

この日のディスプレイに使用されていた棚などは、横から見るとこんな感じです。(2枚目の写真で使用されている棚)



2段になっているプラスティックの棚に可愛らしい布をかけて綺麗に見えるように工夫されていますね。

そして、こちらも参考にしたいディスプレイ!KCS高松センターさんのpop!



これだけ大きく書いていたら目に留まりますよね!popを目立たせて目を引くというのも一つの作戦です。

実際に、この日はとても寒かったのですが、足を止めて施術にお越しになったお客さんがたくさんいらっしゃいました!

やはり、什器を使って高さを出す、目立つpopを使って目を引く!というのはとても重要な要素です。

これも当たり前のようですが、いざ、ディスプレイをしてみよう!と思うと、自分の商品やお店に合う展示方法というのはなかなか分からないものです。常磐街マルシェや、外のイベントにも沢山足を運んで、お客さんが足を止めているお店や売れている人気のお店のディスプレイなどを見て、技を盗むのも手です。

しかし、それをそのまま使うのではなく、その技を自分の商品やお店に合うようにアレンジしなくてはいけません。



可愛らしい商品なのに、ギラギラとした棚やpopではお客さんも違和感を感じて何のお店か分からなくなります。



何のお店かわからないお店には、お客さんは来てくれません。

(それに、ディスプレイといえども、一生懸命考えた配置を他の誰かにそのまま盗まれて使われたら嫌ですよね!マナーは守りましょう)

出店する前に、家でマルシェ台と同じ大きさのスペースでディスプレイを考えて、出来上がった案を前日にでもシュミレーションをしておくと当日スムーズに展示が出来ると思います!

こんな風に書くと、ディスプレイって難しそう、、と思われるかもしれませんが、いろんなイベントで活躍されている出店者さんはとても活き活きとディスプレイも楽しまれています。自分の自信のある商品をかわいくカッコよく配置して並べるということは、とても楽しいものです。

どんな人が来るかな?自分の商品のことをどう思ってくれるのかな?どんな人とお話出来るかな?商品を買ってくれるのかな?と考えるとワクワクしてきませんか?

悩んだら、まず!常磐街マルシェに来てください!分からないこと、不安なこともスタッフや出店者さんに聞いて相談もしちゃってください!気軽に応えてくれると思いますよ。皆さんのお越しをお待ちしております♪

次回も、常磐街マルシェに関する役立つ情報を更新していきますので、お楽しみに!



ホーム > 常磐街マルシェのお知らせ > 常磐街マルシェ出店時のディスプレイの工夫

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る